Menu

「未経験者歓迎」の本当の理由とは

仕事を探していると、インターネットや情報誌で「未経験者歓迎」というフレーズをよく見かけます。しかし、なぜ企業側が未経験者を歓迎するのでしょうか?応募をする前に少しその理由を考えてみましょう。
好意的な見方をすれば、「職場がフレッシュな人材を求めている」と考えられます。新しい視点で物事を見られる人と一緒に職場を活性化していこうというチャレンジです。その際、注意することは、職場に研修制度があるかどうかを確認しておくことです。いくら職場が未経験者を歓迎してくれても、実際に仕事を教える人の負担になるようではいけません。かえって新人の立場を悪くしてしまいます。
他には「猫の手も借りたいほど忙しい」という理由で未経験者を募集している可能性もあります。もしくは、未経験者には誰でもできる程度の内容の仕事しか任せないという場合もあります。具体的な例をあげれば、「営業職」に応募したにもかかわらず新規開拓の仕事は任せてもらえずダイレクトメールの発送係であったり、新製品を開発したいという思いがあるのにそれに関わる単純作業ばかりだったりということも実際にあるようです。
そのため、職場がどのような意図で未経験者を募集し、採用したいのかの見極めが必要です。未経験者の応募は歓迎するけれども、もし応募者のなかに経験者がいたら、そちらの方がなお歓迎という場合も少なくありません。専門的な知識や資格を必要とする職場ならば「資格」のある「未経験者」に限って歓迎するという意味かもしれません。応募する前になぜ未経験者を募集しているのかをチェックすることをおすすめします。